開業届の書き方や提出方法をブロガー目線で簡単に紹介

こんにちは、こーきです。
ブログで収益が出てくると気になってくるのが開業届の提出です。
今回はブロガーさん向けに開業届の書き方と提出方法を簡単に解説していきます。
一件難しそうに感じますが、紙一枚提出するだけなので思ってるより簡単に作成できます。
別途、青色申告承認申請書も開業届と一緒に提出する物なのでこちらも読んでおきましょう。

あわせて読みたい
青色承認申請書の簡単な書き方を紹介 今回は確定申告の際に青色で申告するのに必要な青色承認申請書の書き方を出来るだけ簡単に解説して行きます。ブロガー向けにフォーカスしていますがどの業種でも参考に...
この記事がオススメな方!
  • 難しそうで書けるか不安な方
  • 今後開業を検討している方
  • 開業届を提出したい方
  • 青色申告で経費を使いたい方

[rtoc_mokuji title=”” title_display=”” heading=”” list_h2_type=”” list_h3_type=”” display=”” frame_design=”” animation=””]

目次

開業届って何?

開業届は個人事業主として事業をするのに税務署に提出する書類のことです。

※所得税法上、開業(収益発生)から1ヶ月以内の提出が義務付けられています。

しかし、実際は本業の収入を超えた位での提出で構わないようです。(税務署確認済み)
そのような経緯もあり、僕は本業を超えたあたりで開業届を提出しました。
初年度から青色申告したい場合は開業届と青色申告承認申請書の提出が必須になりますので注意してください。

開業届の入手方法と用意する物は?

開業届は自分の住んでいる最寄りの税務署で貰うことが出来ます。
また、国税庁のサイトからもダウンロード出来るのでリンクを載せておきます。

ダウンロードする方は提出用控え用を印刷しましょう!
税務署で書類を貰う方は複写式の開業届なら1通だけ記載しましょう!

開業届作成に用意するもの

  1. マイナンバーカード等の個人番号がわかる物
  2. 自宅の住所(事務所がある場合はその住所)
  3. シャチハタ以外の認印
  4. 開業届は提出用と控え用を作る

国税庁の公式サイトから開業届をダウンロードした方は提出用と控え用を印刷して記入しましょう!

用意するものは基本的にこちらでOK

ただ、これらの作業が面倒な方は無料の会計ソフトで簡単に作成できます。

\開業届も作れる無料会計ソフトはこちら/

簡単に作成できる無料会計ソフト

↓より詳しく知りたい方はこの記事で会計ソフトを決めよう↓

あわせて読みたい
個人事業主にオススメしたい無料会計ソフト こんにちは、こーきです。本日は開業された個人事業主やフリーランスの方向けに、確定申告を簡単にしてくれる無料会計ソフトを紹介して行きます。 この記事がオススメな...

開業届の書き方は?

1.管轄の税務署名と日付

最寄りの税務署名提出日を記入する。
納税地はこちらの国税庁HPから簡単に検索できます。

2.納税地・上記以外の事業所等

納税地欄は自宅の住所を記入する。
事務所がある地域で納税したい方はその住所を記入する。

3.氏名・生年月日

氏名と生年月日を記入して押印をする。

4.個人番号

マイナンバーカードや通知カードの個人番号を入力する。

5.職業

職業は客観的に分かるように記載しましょう。
ブログを書いてる方はブロガーもしくは自由業でOK。

6.屋号

屋号は特に決まっていなければ空欄で大丈夫です。
ただし、事業用の銀行口座を作りたい方は屋号が無いと作れないので決めておきましょう!フリーランスの方は屋号がなくても問題ありませんが、個人事業主の方は業種に合った屋号を決めておきましょう。

7.届出の区分

初めて開業届を提出するので開業に○をつけ、そのほかは空欄にします。

8.所得の種類

所得の種類は事業所得に○をつけましょう!

9.開業日・廃業日等

開業日は基本的に提出日の1ヶ月以内ですが、実際には開業届を提出する日でOK。
※税務署確認済み
開業年から青色申告する場合は開業日は提出日の2ヶ月以内にしないといけ無い点も注意。

10.事業所等を新増設、移転、廃止した場合/廃業の事由が法人の設立に伴うものである場合

新規開業なので空欄でOK。

11.開業・廃業に伴う届出書の提出の有無

青色申告承認申請書を有りにし、消費税に関する〜は無しを選択。
別途、青色申告承認申請書を開業届と一緒に提出することで開業年から確定申告を青色申告で行えます。
青色申告承認申請書を提出した場合、開業年の確定申告から青色申告か白色申告を選択可能です。
しかし青色申告承認申請書を提出していない場合は白色申告しかできないので注意してください。

12.事業の概要

事業の概要は5.職業で記入した内容をより具体的に記入します。
例えばブログで化粧品のアフィリエイトをしている場合、自身のブログで化粧品の紹介によるアフィリエイト収入等
そんなことをしているのか?客観的に分かるように記載しましょう。

13.給与等の支払いの状況

給与等の支払いの状況は自分以外に誰かを雇用する予定がある場合のみ記入。
ブログを1人でやってる人は空欄でOK。

14.源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の提出の有無

こちらは無しの空欄でOK

15.給与支払を開始する年月日

従業員を雇っている場合のみ記入するが殆どのブロガーさんは空欄でOK。

その他大切な注意点

書き終わってもまだ安心してはいけません。
大事なのは開業届控えに収受印を押して貰うこと。
冒頭でも少し触れましたが一番大事なのは控えを貰う事と、税務署の収受印を押してもらう事です。

控えや収受印が無いとどうなるの?

控えが無い場合
本当に開業しているのか客観的に証明することができなくなります。
例えば、開業に事業資金の融資が必要な方は必ず開業届の控えが必要になりますので控えがないと融資を受けることができなくなってしまいます。
また、屋号付きの事業口座を作りたい方も開業届の控えと作ることができなってしまいます。
控えが欲しいことを伝えないと、くれない税務署もあるのでしっかり伝えましょう!
収受印が無い場合
融資や公的な手続きをする際に別途、納税証明書が必要になったりします。
収受印は税務署が正式に開業を確認した証明になるので、開業届を提出する際は収受印を押してもらうように伝えてください。
収受印も印鑑レスでこちらから要望を伝えないと押してくれない場合もあるので注意してください。

最後に

申請書の言葉が難しく感じますが、書く所を書いて提出するだけなので比較的簡単だと思います。
公的書類は説明が難しく分かりにくいので今回は僕の経験を元に限界まで削ぎ落として解説させていただきました。
冒頭で説明した、一緒に提出する青色承認申請書の書き方についてはこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
青色承認申請書の簡単な書き方を紹介 今回は確定申告の際に青色で申告するのに必要な青色承認申請書の書き方を出来るだけ簡単に解説して行きます。ブロガー向けにフォーカスしていますがどの業種でも参考に...

また個人事業主として独立したい方は、下記の記事で紹介している本を買えば具体的な流れが分かるようになります。
是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい
個人で独立する時に参考にした一冊の本 こんにちは、こーきです。突然ですが皆さんは将来独立したい!といった夢や明確な目標はありますか?僕の場合はこのブログを通じて個人がもっと活躍できる環境を作るの...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる